【だらだらループから脱却】在宅勤務しやすい様に2DKに引っ越しました

エンジニアライフ ツール紹介

こんにちは。ヤマモトです。
現在WEBエンジニアをやっています。

コロナの影響もあり2020年の3月から在宅勤務をしています。
今回思い切って、在宅勤務しやすい様に思い切って1K→2DKに引っ越しました。

毎月の出費は増えましたが、生産性が爆上がりしました。

今回は節約し過ぎて不便な生活を送っている人に向けて、書いてます。
メッセージは「必要なお金はどんどん使って、人生の質を上げよう。」です。

仕事場と寝室を分けて、完全に正解でした

2DKの2部屋を仕事部屋と寝室に分けました。
これが大正解だと思っています。

  • 理由①: 仕事モードに切り替えられる
  • 理由②:寝室でダラダラと過ごす時間が減る

上記のメリットを感じたので、詳しく書きます。

理由①: 仕事モードに切り替えられる

以前は1Kだったので、寝るところも、仕事をするところも、ゲームをするところも、読書するところも、ゲームするところも全て1つの部屋でした。

そのため、一度集中が切れると仕事を再開するのが難しかったです。
今は作業をする部屋と寝室を完全に分けているので、習慣的に仕事モードに切り替わります。
学生時代に塾だと集中できる、みたいな感じで作業をする部屋だと仕事がはかどります。

理由②: 寝室でダラダラと過ごす時間が減る

実は日中も布団の上で過ごすことが多いタイプに人間でした。

布団で寝ながら本を読んだりゲームしたりLINEしたり。そういう習慣がついたんですよね。
名付けるとしたらこんな感じのだらだらループにハマってました。笑

  1. 布団の上で作業する
  2. 飽きてちょっと布団でゴロゴロする
  3. そのまま気づいたらyoutube見てる

 

何かをやろうと決めていても、結果的にダラダラ過ごしている毎日だったんですが、2DKに引っ越して休日の過ごし方に変化がありました。

パソコンを作業部屋に置いてしまえば、こっちのもんなんです。
エンジニアなので休日もパソコンを触るのですが、作業部屋なので作業モードに切り替わります。
そうなると自然と寝室の布団の上で過ごす時間が減るのです。

気づいたら、だらだらループに入る数が減ってました。

メリットが大きいモノゴトには課金しよう

この記事を過去の僕が読んだら
「なるほどな、でも急に引っ越せないよ。。」

となると思います。一番の理由としてまとまったお金が必要になりますからね。
ここではその疑問に回答します。

結論:小さい事から質を上げてみる。

いきなり引っ越しで●十万も用意が難しいので、身の回りの小さい事から質を上げたらいいと思います。

例えば1万円以下の予算で、自分の生活の質が大幅に変わるならめっちゃコスパいいですよね。
ストレスが減ったり、仕事がしやすくなったり。

ちなみに一万円以下でAmazonで探すとこんな便利グッズが見つかります。

椅子の上のクッション。腰痛予防・姿勢改善になりますよね。
Macbook用のフリップスタンド。タイピングしやすい角度になりますし、PCの冷却になります。

with コロナ時代

これからは with コロナ時代という事で、在宅勤務が続きます。
不便なことは続くと思いますので、生活を少しづつハックしていきます。