合格者が使っていた参考書はコレ。大学編入のオススメ参考書をご紹介!

大学編入 高専

この記事では、大学編入の勉強にオススメの参考書を紹介します。
こんな疑問をお持ちの方はぜひご覧になってください。

大学編入の参考書ってなに使えばいいの…?
いろいろ紹介されてるけど、結局どれ使えばいいの…?

この記事を書いている僕は、高専から国立大学に3年次編入した経験があります。
ありがたいことに無事合格して第一志望の大学にいけたのですが、受験勉強のタイミングではわからない事が多くて大変でした。

偶然にも仲良くさせてもらっていた先輩からいろんな情報をもらいました。今回は、当時使っていた参考書をご紹介します。

数学

まず数学です。
高専からの大学編入の場合、理系の学科を希望する事が多いと思いますが、ほとんどの学科で試験科目に数学が含まれます。
レベルによって適切な参考書は違いますので、慎重に選んでください。

編入数学徹底研究ー頻出問題と過去問題の演習

この参考書は先輩に一番に勧められました。
その先輩は、東工大に合格してたので説得力もありましたし、何より尊敬できる人でしたので真っ先に購入しました。
そして、いろんな編入体験記で紹介されている有名な本ですよね。

僕には少しレベルが高く感じましたね。基礎固めが終わった人が、本番を想定して取り組むとちょうど良いと思います。

↑(いろんなサイトで紹介されてる有名な本)

 編入数学入門ー講義と演習(大学編入試験対策)

基礎固めを目的に使用しました。
こちらは、自分で選びました。上記の参考書のレベルが少し高いと感じたので、入門レベルの参考書を探していました。

上記の参考書と同じ出版会社なので安心できましたし、実際解いてみるとちょうど良い難易度でした。

正直、この本がイチオシですね!

↑(入門レベルが僕にはちょうどいい)

 大学編入試験問題 数学/徹底演習(第3版)

この参考書は、東工大を受験した友人が使っていました。
レベルの高い大学を受験する方は、この参考書を解いておくことをオススメします。
ちなみに、地方国立レベルの私は使用しませんでした。実際、この本を使用しなくても、地方国立大の工学部に合格しましたよ。
しかし、東大・東工大・京大・阪大・東北大・九大レベルを受験する方は絶対必要だと思います。

↑(トップレベルはコレ必須)

どん底からハイレベルを目指している人は

どん底からハイレベルを目指している人は、超基礎から勉強を進めることをオススメします。私もそうでした(笑)

ということで、高専の授業で使用されている教科書を使って基礎固めをしましょう。
いきなり徹底演習などのレベルが高すぎるものをやったら、ムダに時間を過ごすことになります。

ちなみに、僕の世代の数学の教科書はこのシリーズでした。

↑(高専の授業で使ってた教科書)

あくまで僕のやり方ですが、こんな感じでした。

  • 高専の教科書で基礎固め
  • 専攻科の過去問
  • 志望校の国立大学の過去問
  • 過去問に似た問題を参考書から選択

上記で紹介した参考書は、理解を深めるために単元別に解いたり、過去問に似た問題を探して解法を読んだりしてました。
参考書を全部やるのは、僕のレベルでは現実的ではなかったと当時も今も思っています。
ご自身のレベルに合わせて、参考書と過去問を使い分けてください。

英語

次は英語です。

TOEICスコアを提出させる大学と、単純に試験科目として「英語」がある大学がありますね。
僕の場合は、単純に試験科目として「英語」があったので、その際に使用した参考書を紹介します。

キクタン【Basic】4000

単語帳といえば、キクタンシリーズですよね!

ど定番なんで、ご存知の方も多いと思います。私は基礎的な英単語を総ざらいするために使ってました。

語彙力ってなかなかつかないですよね。キクタンは、暗記のための工夫(詳しくはAmazonの商品説明読んでください。)がされているので、オススメですね。

スマホアプリで勉強している友達もいたので、スキマ時間を有効活用するにはいい方法だと思いました。

↑(有名なキクタンシリーズ)

COCET2600ー理工系学生のための必修英単語2600

こちらは、工学系の英単語を習得するために使用しました。完璧に暗記せず、パラパラとめくっていた感じですね。

そこまで期待はしていなかったのですが、試験本番では理工系の英単語が多く出題されたので優秀な単語帳だったと思います。
ただし、前述した通り、TOEICスコアを提出する大学が増えてきていると思いますので、必要であれば購入するという形で問題ないと思います。

↑(理工系の英単語対策)

総合英語Forest

単語帳の次は、文法書ですね!
Forestネクステ一億人の英文法の3冊がすごく有名なので、自分に合うものを選んでください。ちなみに僕は、先輩からもらったForestを使ってました。

理解が怪しいところを中心に読んで、忘れた頃に読んで、読んで…の繰り返しでしたね。後は、過去問解いてる時に、どうしても訳せない英文の文法を調べる時に使ってました。
全部読む時間はないので、必要な時に調べる方法をお勧めします。

↑(この3冊はどれも高クオリティ)

 大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編

英作文対策で使ってました。Amazonの評価が高い事と、友達に勧められたのでこの本にしました。
使用感としては、英文法の復習もできるという点で良い本だと思います。

↑(基礎も詳解ついてる)

ドラゴンイングリッシュ

同じクラスの東大を目指してた友達は、ドラゴンイングリッシュ使ってました。
この本も評価が高くて、良著です。

↑(東大めざしてる友達が使ってた)

ただし、過去問も大事だよ

参考書をいくつかご紹介しましたが、参考書以上に過去問も大事です。
問題のレベルや出題傾向がわかるので、効率の良い勉強ができると思います。早めに過去問を手に入れてレベル感を確認しましょう。

さいごに

いかかでしたか?

僕が実際に使っていたものや、優秀な知り合いから教えてもらった参考書をいくつか紹介させてもらいました。
勉強する人によって適切な参考書は違うと思うので、自分にあった参考書を選ぶと良いと思います。
それでは、頑張ってください!