未経験エンジニアが転職サービスのプロフィールに書いた方が良いこと・悪いこと

エンジニアライフ プログラミング 就職・転職

未経験でエンジニアを目指している人が、Greenやwantedlyなどのサービスを使って転職活動をしようと思った時、どんな内容を書けば良いか迷いますよね。

少しだけですが採用面談などもやっている現役WEBエンジニアの僕が、未経験エンジニアが転職サービスのプロフィールに書いた方が良いことと悪いことを整理してみました。

以下のようの方向けですので、あてはまる方はぜひ見てください。

こんな人に読んでほしい
  • プログラミングスクール卒業後の転職活動を始めようと思っている人
  • wantedlyで気になるボタンを押しているが、なかなか声がかからない人
  • なかなか書類選考が通らない人

時間もないと思いますので、結論だけ列挙します。
以下のことに気をつけてください。

書いた方が良いこと
  • 項目は可能な限りすべて埋める
  • 人間性がわかる自己紹介
  • コミュニケーション能力が高いことを表すエピソード
  • ポテンシャルが高いことを表すエピソード
  • 教育コストが低いことがわかるエピソード
書いてはダメなこと
  • 成果物に対して見合わない内容の自信溢れる文章
  • 「だ・である」調の文章
  • プロフィール写真の印象が悪いもの
  • テンプレートは使わない
  • 嘘をつかない

書いた方が良いこと

項目は、できる限りすべて埋める

どの転職サービスにも「基本情報」の項目があると思います。職歴や学歴、転職先の希望場所などを出来るだけ全部埋めてください。
中には学歴コンプレックスがあり最終学歴を入力したくない人もいるかもしれません。採用担当者目線でいうとわざわざ学歴を聞くのがめんどくさいです。
その質問をするくらいなら、転職理由やエンジニアを目指すきっかけなどを詳しく聞きたいです。

それに僕らの想像以上に、採用担当の方は多くの履歴書やプロフィールを見ています。採用担当の方のストレスが少ないプロフィールにしましょう。

記述欄は人間性がわかる自己紹介

プロフィールの穴埋め式の項目を全て埋めるのは必須ですが、自由記述欄は、テンプレートを使わずにあなたの人間性や性格が伝わる内容にしましょう。

採用担当目線でいうと、プロフィールを読む時は、その人の入社後をイメージしています。例えば、

・一緒に働きたい人か
・現場のメンバーと相性が良さそうか
・チーム開発が問題なく出来るか

以上のことは、学歴や年齢からだけでは判断できません。
転職理由や、どんなことにモチベーションを感じてエンジニアになろうと思っているのかなど、あなたの人間性がわかる内容を考えてみてください。

エピソードがあれば書いた方が良いこと

人間味がわかる自己紹介の中でも、以下のエピソードがあれば印象がいいと思います。

  • コミュニケーション能力が高いことを表すエピソード
  • ポテンシャルが高いことを表すエピソード
  • 教育コストが低いことがわかるエピソード

未経験の方を採用する時は、即戦力して期待していません。
将来を見据えた採用がほとんどです。そういった状況では、ちゃんと意思疎通が出来る事、吸収が早い事、自走して成長してくれる事が重要になってきます。
もし、以上のようなエピソードがあれば、大きなアピールになるのでぜひ考えてみてください。

書いてはダメなこと

逆に転職サービスのプロフィールに書いてはいけない事、ダメなことを紹介します。

成果物に対して見合わない内容の自信溢れる文章

自分をアピールする文章と紙一重になるのですが、アピール内容が不適切な人がいます。
成果物に対して見合わない内容なのに、僕ってめっちゃすごいでしょ!という風に文章を作っている人です。

アピールが苦手な人が多い中で目立つことができる反面、誇張(こちょう)しすぎると印象が悪いです。
単純にプライドが高そうに見えてしまうので、謙虚に適切に書きましょう。

「だ・である」調の文章

上記と重なるのですが、「だ・である」調の文章は、印象が悪くなる可能性があります。
言い切ってしまうので、プライドが高そうに見えます。プロフィールは相手に自分のことを伝える文章ですので、無難に「です・ます」調で書きましょう。

プロフィール写真の印象が悪いもの

見下ろしている様な角度の顔写真や、ホストみたいな写真をプロフィールの写真に使っている人がたまにいます。
wantedlyなどのカジュアルなサービスではスーツ姿とまではいきませんが、不快な印象を与えない写真にしましょう。
写真で落ちるのは勿体なさ過ぎます。

テンプレートはなるだけ使わない

入力がめんどくさい人用にテンプレートが用意されている転職サービスがありますが、テンプレートは使用しないことをオススメします。
採用担当目線で見ると、「なんかどこかで見たことある文章だな」と思い、印象に残りにくいです。また、テンプレートを使っていないプロフィールの文章は他との差別化になり、目に留まりやすいです。
めんどくさいかもしれませんが、自分で小さな見出しをつけるなどして見やすい工夫をしましょう。

嘘はつかない

あたりまえですが、嘘はやめましょう。
即戦力としての力は求めていないですし、華々しい嘘を並べてもどうせ面接でバレるので嘘はやめましょう。

最後に

結論を再度載せておきます。転職サービスを使っている未経験エンジニアの方はぜひ参考にしてみてください。

書いた方が良いこと
  • 項目は可能な限りすべて埋める
  • 人間性がわかる自己紹介
  • コミュニケーション能力が高いことを表すエピソード
  • ポテンシャルが高いことを表すエピソード
  • 教育コストが低いことがわかるエピソード
書いてはダメなこと
  • 成果物に対して見合わない内容の自信溢れる文章
  • 「だ・である」調の文章
  • プロフィール写真の印象が悪いもの
  • テンプレートは使わない
  • 嘘をつかない